レビュー

【徹底レビュー】氷も砕けるYusidoブレンダーで離乳食・スムージー

二人目を出産し、上の子と下の子のお世話でバタバタな日々…

少しでも育児を楽にするため、下の子の離乳食用にブレンダーを購入しました。

これがとっても便利で感動!上の子の時から買っておけばよかったと後悔しました。

この記事では、わたしが実際に購入したYusidoのハンドブレンダーについて、写真つきでレビューしていきます。


ハンドブレンダーの購入を迷っている方の参考になればうれしいです。

ハンドブレンダーに求めたい機能

わたしは離乳食用にブレンダーをさがしていました。

一番の目的は育児を楽にすることです。

そのため、使い勝手やお手入れが簡単なことが必須条件でした。

そのため、家にミキサーはあったのですが、お手入れのしずらさから除外。

わたし
わたし
離乳食用だから少量が作れればいいし、ミキサーって洗うのが面倒で…

サブの条件として

・みじん切り用のチョッパーも使ってみたい

・氷も砕けるパワフルなブレンダーが欲しい

お料理が少しでも楽になるように、チョッパー付きが希望。

また、バナナやイチゴを凍らせて、スムージーやフルーツ牛乳を楽しみたかったので、できれば氷も砕けるパワフルさも欲しいなと考えていました。

ブレンダーに求める条件

☆使い方とお手入れが簡単

・チョッパー付き

・氷も砕ける

・できれば5千円程度

この条件でブレンダーを探し始めました。

Yusidoのハンドブレンダーを選んだ理由

そうして探しているうちに、見つけたのがYusidoのハンドブレンダーです。

・お手入れ簡単

・チョッパーや泡だて器付き

・800wのパワーで氷も砕ける

・お値段5千円以下

わたしにとっては理想的!!


お友達からは「うちはブラウン社のブレンダー使ってるよ」と

教えてもらいましたが、コスパ面からわたしはYusidoのブレンダーを選びました。

付属品一覧

届いた箱を開けてみました。

・ハンドブレンダー

・プラスチック製ビーカー

・泡だて器のアタッチメント

・チョッパーのアタッチメント

・説明書

・保証書(1年間)

・収納用アタッチメント

これらが入っていました。

ブレンダーを使った離乳食のおかゆの作り方

ハンドブレンダーを使うと、とろとろのお粥があっという間にできてびっくりしました。

 

まずお粥を作ります。

お粥の作り方も様々ですが、わたしは炊飯器の中にマグカップ・お米・水を入れて、ご飯と一緒に炊いてしまいます。

お粥は鍋で炊いても、電子レンジで作ってもOK

炊きあがったお粥を付属のビーカーに入れます。

そして、ビーカーの中にブレンダーを入れて、一番弱いモードで5~10秒。

すりつぶしや裏ごしも不要で、あっという間に離乳食初期のお粥ができました。

すぐ食べない分のお粥は、ダイソーで購入した製氷機に入れて冷凍保存しました。

ブレンダーを使った離乳食のおかずの作り方

お粥以外にも、おかず作りにもチャレンジ!こちらはサツマイモペーストです。

ゆでたサツマイモと、煮汁を入れてハンドブレンダーで10秒。

サツマイモは煮汁多めの方がつぶしやすいです。

わたし
わたし
上の子の時は離乳食セットですりつぶしたり裏ごししたり…大変でしたがその苦労は不要!

 

ゆでたホウレンソウとお湯を入れて一番弱いモードで10秒。

簡単に野菜のペーストができます。

息子
息子
とろとろで食べやすい!もりもり食べちゃう
金属やプラスチックならなんにでも入れられるので、ポタージュスープを作る時は、鍋にそのまま使えて便利です

ブレンダーを使ったスムージーの作り方

 

Yusidoのハンドブレンダーの魅力は、氷も砕けることです。

子どもと楽しめる美味しいスムージーやミックスジュース作りにも大活躍しています。

わが家のイチオシのレシピは、イチゴバナナミルクです。

【材料】

・凍らせたバナナ…1本

・凍らせたイチゴ…好きなだけ

・はちみつ…スプーン1ぱい

・牛乳…材料がかぶるくらい

これらを入れて、最強モードで20秒!

冷たくて、甘くて、最高のおやつドリンクです。

スムージーというより、シェイクのような味わい。

自分で作れば、子どもにあげるのも安心な無添加ドリンクが簡単に作れます。

ブレンダーのお手入れの方法

ハンドブレンダーはお手入れの方法も楽々です。

水やお湯を張った器にブレンダーを入れて、最弱モードにして10~20秒動かすだけです。

そのあと、汚れが残っていれば再度水を取り替えます。

最後にブレンダーアタッチメントを取り外し、水ですすいで乾燥させます。

・食洗器は使用できません
あんみつ子
あんみつ子
ミキサーやジューサーよりお手入れが簡単だと思います♪

アタッチメントを活用する

Yusidoのハンドブレンダーには、ブレンダーの他にチョッパーと泡だて器もついてきます。

うちはブレンダーがメインで使用していますが、ハンバーグとプリンを作るにあたり、チョッパーや泡だて器も使ってみました。

ちなみに、付属の収納アタッチメントを使うと、このようにすっきり収納することもできます。

チョッパーでみじん切りをする

 

ハンバーグを作る際、玉ねぎのみじん切りの為にチョッパーを使ってみました。

「早い・目が痛くならない・細かくできる」

と、包丁でみじん切りをするよりも手軽です。

あんみつ子
あんみつ子
玉ねぎで目が痛まないのは高ポイント♪

泡だて器でプリンを作る

プリンを作る際、泡立てアタッチメントを使ってみました。

ハンドミキサーと比べても支障なかったので、ハンドミキサーを断捨離することができそうです。

強いて言えば、ボタンを押し続けなければならないことがハンドミキサーと比べたデメリットかもしれません。

しかし、長時間使うものでもないので、わたしは気になりませんでした。

Yusidoハンドブレンダーの魅力のまとめ

ハンドブレンダーを実際に使ってみて、「今までの離乳食作りの苦労はなんだったんだ?」というくらい、劇的に楽になりました。

刻む、すりつぶす、こすという作業が無いのは、わたしにとっては大きなメリットです。

また、離乳食以外にも、スムージーやポタージュスープ、お菓子作りなどにも活用できることが嬉しいです。

わたしは子どもの離乳食が終わってもこちらのブレンダーを愛用していくつもりです!

一台あると、ミキサーやハンドブレンダーの代わりにもなるので、お料理ビギナーさんにもおすすめです。


お読みいただき、ありがとうございます。

 

ブレンダー以外の「早く買っておけばよかった!」という子育てグッズは、電動鼻吸い機のメルシーポットです。

うちは、2人目誕生とともにメルシーポットを導入。
「一人目から用意しておけばよかったー。」と後悔するくらい便利です。

メルシーポットを新生児から使うコツもお時間あったら読んでいただけると嬉しいです。