子育て

入園準備に必要なもの【100均・楽天】使って安く!楽に!~保育園・幼稚園

保育園や幼稚園、こども園に通わせる場合、意外と大変なのがその準備です。

「用意するものリスト」の多さにクラクラしませんか?

この記事では、なるべく安く・簡単に保育園準備を済ませた体験談をご紹介します。

入園準備・必要なものリスト

各園によって、用意するものは異なると思いますが、参考までにうちの保育園で必要だったものをご紹介します。

着替え入れ袋
おしぼり
水飲みカップ
レジ袋 10枚以上
おりこうタオル(フェイスタオルを半分に折り、ゴムを通す。首から下げる)
枕用タオル(薄手のフェイスタオル)
おしぼりケース
コップ入れ袋
箱入りポリ袋(キッチン袋)
10 外靴(園に置く用)
11 着替え各3セット(園に置く用)
12 防寒具袋(上着が入るサイズ)
13 お昼寝セット袋(大きめサイズ)
14 絵本袋(40~45cm)
15 ティッシュ5箱
16 おむつ1袋(名前つけ必要)
17 おしりふき3パック
18 バスタオル2枚(お昼寝用)
19 スモック(ご飯、工作に使う)
20 通園リュック
21 帽子(園指定)

この表以外にも、着替えを書い足し、名前付けグッズも自分で用意しました。

入園準備 100均(ダイソー)で用意したもの

上の表のうち、1~9までをダイソーで用意しました。

表にはありませんでしたが、名前づけに必要なネームペン(油性)と名前付けアイロンネームラベルもダイソーで購入しました。

買ったものは、ネームラベル、ネームペン、キッチンポリ袋、レジ袋、タオル4枚、
コップ、コップ入れ袋、着替え袋、おしぼりケースです。

この「旅行に使える!メッシュバッグ」というダイソーの商品は着替え袋として活用しました。ポケットがたくさんあるので、①靴下とシャツとパンツ②トップス③ボトムスと分けて着替えを入れておきました。

「管理しやすいですね」と保育園の先生からも言っていただけました。

名付けはシールもアイロンシールも使えなかったので、布に名前を書いて縫い付けました。

1歳2歳くらいの着替分ならこれに3セット入ると思います。

あまり大きくないので、3歳以上のお子さんや分厚いトレーナーなどは入らないかもしれません。

その他にもダイソーで買える入園グッズ

うちの園では必要ありませんでしたが、ダイソーにはループタオルも売っていました。

自分で作ってもいいけど、少しでも手間を省きたいですよね。わたしの園でも必要なら買っていたと思います。

※お店に許可を得て撮影しました

 

きんちゃく袋もキャラクター物がたくさん売っていました。これらもお着換えバックなどにいいかもしれません。

※お店に許可を得て撮影しました

名前付けコーナーも充実しており、アイロンラベル、防水シール、ひらがなワッペンなどたくさんの種類がありました。一度覗いてみるのをおすすめします!

入園準備 手作りしたもの

裁縫が苦手で、ミシンも無いわが家。なるべく手作りは避けたいと考えていました。

なので、どうしても止む無いもののみ手作りしました。

わたし
わたし
第一子の女の子なのに、手抜きでごめんね…

おりこうタオル

これは園からもらったしおりに作り方が載っていました。

しおりには「手拭きタオル」と書いてありました。

フェイスタオルを半分にして、ゴムを通します。

これを首から下げて、手をふいたりするんだそう。

洗い替えようにと、とりあえず4枚作って、毎日洗濯していました。

ミシンが無くても、ざくざく縫うだけなので、さほど負担ではありませんでした。

「おりこうタオル」という名称は後からママ友から聞きました。そのママ友は楽天で購入したそうです。

「おりこうタオル」で検索すると色々出てきます。

忙しい保護者さんにおすすめです。

ベッドシーツ

これは、なるべく作りたくなくて、Amazonや楽天、西松屋やしまむらでも探しましたが、どうしてもぴったりサイズがありませんでした。

園指定は150㎝×75㎝。そして、四隅にゴムをつける。

しかたがないので、大き目サイズの防水シーツを買って、ハサミで裁ち、義母からミシンを借りて切りっぱなしを縫いました。

わたし
わたし
裁縫苦手。1辺を切って縫うだけで2時間もかかってしまった…

手作りしなかったもの

袋類は、手作りするママ友も多くいました。

うちの園ではコップ袋、着替え入れ袋、絵本袋、お昼寝セット袋、防寒袋…

袋だけで5種類も!!

わたしはベッドシーツのサイズを詰めるだけで2時間もかかる女なので、とても手作りは無理。手作りキットすら無理。

袋類は全て既製品を購入しました。

可愛いの、楽天にたくさん売ってます。

 

わたしはアイロンネームラベルで名前付けするだけで精一杯でした。

入園準備 名前付け方法いろいろ

入園準備は、名前付けがとにかく大変。

ありとあらゆるものに名前を付ける必要があります。

服・着替えの名前付け

わたしはとにかくずぼらで、しかも準備期間が短かったので、服のタグに油性マジックでどんどん名前を書いていきました。靴下は、足の裏に直書き。

でも、「後からおさがりで使いたい」「フリマアプリやリサイクルショップで売りたい」という場合は、名前を剥がせるほうが便利ですよね。

手軽なのがマスキングテープでタグに貼る方法。

マスキングテープの活用法

剥がれにくくするためには、タグにぐるっと巻き付けるといいそうです。

 

わたしは準備が遅すぎて間に合いませんでしたが、2人目では専用のお名前シールを用意すしようと思っています。

 
 

買うのは絶対ノンアイロン!!手でぎゅっとすれば、アイロンなしでシールが貼れる。

記名してくれているタイプが楽だと思います。

コップやお道具セットの名前付け!無料シール

産院でもらったパンフレットから、申し込んだベネッセの無料お名前シール。

無料お名前シール

こちら、すでに名前を印字してれて、しかも防水機能付きです。

水にぬれるコップなどに重宝しました。無料でもらえるので、頼んでいない方は是非。

 

頼むとベネッセからダイレクトメールが届くようになってしまいますが、不要な方はネットからサクッと停止することもできますよ。

こちらでダイレクトメールを止める方法も記事にしています。

ダイレクトメールの止め方

袋類の名前付け

とにかくいろいろな袋が必要な入園準備。

袋類は、ダイソーで買ったアイロンネームラベルでどんどんつけていきました。

一文字ずつのワッペンを買って貼るのも目立つし可愛いしおススメです。

入園準備の着替え購入

入園を控えて、着替えも書い足しました。

ボトムスはユニクロが大好き。薄手でよく伸びます。

  

ワゴン商品では500円からありますよ。

 

トップス、シャツ、と外靴はイオンで購入しました。

特に、靴はイフミーの運動靴をこれまたワゴンセールで1500円で購入できてラッキーでした。

西松屋も好きなんですが、毛玉になるのが早い気がしているので、子ども服はユニクロやイオンで買うことがおおいです。

あとは、毎月行われる楽天のお買い物マラソンの初日、下のショップは8000円以上で使える半額クーポンがよく出ています。

 

こちらのショップもおすすめです!

 

入園準備のまとめ

入園準備は、時間もお金もたくさんかかります。

時間をお金で買うもよし。

お金を節約して手間をかけるもよし。

この記事を読んでくださった方の準備の負担が少しでも減れば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございます。