子育て

2歳児におすすめする知育玩具5選!

うちには2歳5か月になる娘と生後2か月の息子がいます。

子どもが二人いると、家が玩具であふれかえってしまう…

そのため、子どもの玩具は厳選が必要!!

そこで、この記事では2歳の娘が夢中になった、本当におすすめできいる玩具を5つご紹介します。

お子さんへの玩具選びの参考になれば嬉しいです。

パズル

500円程度と、とってもリーズナブルなのに、おおはまりのパズル。

初めは、10ピースくらいから初めて、いまは50ピースくらいまでなら一人でできます。

うちではいきなり一人でやらせず、

①はじめは親がお手本

②親子で一緒にやる

③一人でやらせる

このステップを踏むことにより、一人で集中して取り組めるようになりました。

メリット

・500円~とリーズナブル
・絵柄のバリエーションが豊富
・好きな絵柄でテンション・やる気アップ!
・重ねて収納すれば、場所を取らない
・集中力が身についてきた
・図形の認知力・全体像を創造する力の育成・に期待

比較的リーズナブルだし場所もとらないので、ついつい増えがちなおもちゃです。

画像以外にもあと3セットあります。

あんみつ子
あんみつ子
ママ友の家には、ひらがなや都道府県のパズルもあったよ!
わたし
わたし
うちはまだアンパンマンとドラえもんの絵だけです

パズル遊びを通して、図形の認知力・全体像を創造する力の育成に繋がるといいなと思っています。



水で描けるお絵かきセット

日本製、海外製といろいろ種類があると思います。

うちは、海外製の商品をメルカリにて購入しました。

新品で2千円ほどでした。

メリット

・何回でもくり返し描ける

・大きくダイナミックなお絵かきが楽しめる

・友達と一緒にお絵かきができる

・服や家が汚れない

娘は、特にスタンプが大のお気に入りです。

私が買った商品には、コロコロスタンプ1種類と普通のスタンプ3種類がついてきました。

普通インクのスタンプはいたずらが怖くて遊ばせられませんでしたが、これなら安心して遊ばせることができます。

うちに遊びに来たお友達にも大好評のおもちゃです。

ブロック

ブロックもたくさん種類があって悩みますよね。

うちは、娘が大好きなアンパンマンにしました。
息子の興味も狙って、乗り物系を購入。

メリット

・着脱が簡単

・アンパンマンを使っておままごと遊びも楽しめる

・車に興味を持てる←息子も楽しめそう

・空間把握能力、創造力の育成に期待

実際に車輪が回るので、家じゅうを手で押して走らせています。

 

 

娘
見て!わにー!!
見て!きりんー!!

などと、ブロックでいろいろ作っては、わたしや弟に見せてくれます。

お人形

商品名をずばり出しますと、

・メルちゃんシリーズ

・ソランちゃんシリーズ

・ぽぽちゃんシリーズ

の3大ブランド(?)がありますよね。

うちは、メルちゃんとソランちゃんでだいぶ迷いました。

 

わたし
わたし
メルちゃんに決めてからも、メルちゃんか妹のネネちゃんでまた迷いました
あんみつ子
あんみつ子
結局、妹のネネちゃんを購入。
髪の毛がぐしゃぐしゃなのはご愛敬。
お人形遊びのメリット

・おままごと遊びが楽しめる
・ミルク、離乳食、おむつ、着替えなど、お世話の疑似体験を楽しめる
・情緒豊かに育つことを期待

2人目妊娠が発覚してから、お誕生日プレゼントとして買い与えたお人形。
下の子に優しくしてほしいなぁという淡い期待がありました。

実際、本物の赤ちゃんにはかないませんが、わたしが息子のおむつを替えている横でせっせとネネちゃんのおむつを替えています。

本物のミルクも弟にあげたがりますが、ネネちゃんで我慢してもらっている現状です。

わたし
わたし
ありがとう!ネネちゃん!


モンテッソーリ系 おもちゃ

商品説明では6歳~となっていますが、ご紹介した玩具の中で、実は一番早くから遊ばせています。

うちでは、1歳半くらいから導入しています。

・リングを木の棒に通す

・型はめ

・魚釣り

などと様々な遊び方ができます。

モンテッソーリ教育では、手先を使った遊びが重視されています。

娘もものすごーく集中して遊んでいます。

こちらは、ラクマで新品を2千円で買いました。

メリット

・集中力が身についてきた

・遊びのバリエーションが豊富

・後々、数字の勉強もできる

上記の遊び方以外でも、リングを並べたり、指にはめてみたり、魚でおままごとをしたりと、とにかく遊びの応用が利くおもちゃです。

とても楽しい玩具なのですが、パーツが小さいので、お子さんの誤飲には注意が必要です


知育玩具選びのまとめ

2歳の娘が熱中している玩具を5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子どもの発育には個人差があるので、1歳半でも楽しめたり、逆に3歳以上ではまったりもすることと思います。

うちの玩具選びのポイントは、「体験させてから買う」です。

玩具には合う合わないがあると思います。

モンテッソーリ以外の4つは、すべてママ友の家や支援センターで体験し、娘が熱中していたものです。おもちゃ選びに失敗したくない場合は、まずはお試ししてからがよいと思います。

また、子どもの興味は常に変化するので、見向きもしなかったおもちゃに突然のめりこんだり、逆に好きな玩具に見向きもしなくなる場合も考えられます。

いずれにせよ、臨機応変に子どもの好奇心や力をのばしていけたらなと考えています。

 

みなさんも、知育玩具で楽しいおうち時間を!

 

お読みいただき、ありがとうございます。